いばらき産保ニュース 第175号

■sanpo■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★☆☆☆                                2020/5/7
★★☆☆      ♪♪ いばらき産保ニュース ♪♪
★★★☆           第175号
                           https://ibarakis.johas.go.jp
                  発  行:独立行政法人  労働者健康安全機構
                  茨城産業保健総合支援センター 所長 小松 満
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ibaraki■

 今月の「いばらき産保ニュース」をお届けします。

  1.最新情報
  2.お知らせ
  3.コラム 水戸南町3丁目だより
  4.茨城産業保健総合支援センターから

 
  【1】5月開催予定の産業保健セミナー等の中止(延期)のお知らせ!

  新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、当センターが5月に
  開催予定としていた次の産業保健セミナー、カウンセリング講座
  (6/11実施分を含む)は中止(延期)とさせていただきます。
  お申込みを頂きました皆様におかれましてはご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

 
  《認定産業医研修会》
   5月14日(木) 18:00~20:00
  じん肺有所見の 状況 とじん肺の予防について(中央ビル)

   5月20日(水) 18:30~20:30
  災害後のメンタルヘルス~産業保健に関わるすべてのスタッフに
          必要な災害精神知識について~(ワークヒル土浦)

   5月27日(水) 18:00~20:00
  小規模事業場の健康管理のポイント~働く人の健康状態の評価と
             就業措置の考え方~(水戸FFセンタービル)

   5月28日(木) 18:30~20:30
  揮発性有機溶剤の性質のリスク体感実習(ワークヒル土浦)

  《カウンセリング講座・前期》
   5月14日(木) 14:00~16:00 
    6月11日(木) 14:00~16:00 (水戸FFセンタービル)
  第1回・相互性を重視した対話の在り方、第2回・相手を変えようとしない対話性

  なお、6月以降に予定している産業保健セミナー等は現在開催する方向で
  調整を進めておりますが、随時当センターHP等において開催予定等を
  お知らせいたします。(6/11カウンセリング講座除く)
  また、これまでに延期されたセミナー等の実施時期等については、
  新型コロナウイルス感染症の終息状況等を見ながら、
  会場、講師等との調整を行っていきます。

  セミナーの開催状況は、コチラのページに記載しております (当センターホームページ)


 【2】常総地域産業保健センターが移転しました。

  本年4月1日、労働者数50人未満の事業場を対象に、健康診断結果の
  意見聴取や長時間労働・高ストレス者の面接指導などの産業保健サービスを
  提供している「常総地域産業保健センター」が常総市水海道保健センター内の
  事務所(常総市水海道森下町 4434-2)から次の所在地に移転しました。

  (移転後の所在地等)
  〒303-0016 常総市新井木町13-3 きぬ医師会病院内   
  TEL 0297-22-2421 FAX  0297-22-2431

  電話番号やファックス番号についての変更はありません。
  業務内容や対象地域(常総市、坂東市、守谷市、つくばみらい市)についても変更はありません。
   (当センターホームページ)
 


 【3】茨城働き方改革推進支援センターが移転しました!

  平成30年4月から設置されている茨城働き方改革推進支援センターが、
  次の所在地に移転しました。
  これまでと同じく、電話・FAX・メールによる各種相談対応のほか、
  働き方改革に取り組む企業への個別訪問、セミナー講師の派遣、
  出張相談窓口の開設・相談員派遣などを行います。
  いずれも利用は無料です。

 (移転後の所在地等)
 〒310-0011 水戸市三の丸2-2-27 リバティ三の丸2F
 フリーダイヤル0120-971-728(変更なし) FAX 029-302-3472
  メールアドレス HPはコチラ HPはコチラ

  ※当センターでの面談による相談等の対応
  【新型コロナ感染症拡大防止】についてはメルマガ末尾をご覧ください。

 

  ▼新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)【随時更新】

  国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に
  お一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。
  感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

  次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
  ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
  (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
  ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合
  センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、
  専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。
  マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

  なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に
  多い状況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、
  通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。

  【相談後、医療機関にかかるときのお願い】
  帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。
  複数の医療機関を受診することはお控えください。

  医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット
  (咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、
  口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

   (厚生労働省ホームページ)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)(厚生労働省)【随時更新】

  新型コロナウイルスの感染が拡大する中で厚生労働省から企業の方向けの
  Q&Aが公表されました。職場内での感染防止の方法や感染者などが発生し
  休業させた場合の休業手当の支払い義務等について解説しております。ご一読ください。

   (当センターホームページ)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼日本産業衛生学会「新型コロナウイルス情報 企業と個人に求められる対策Q&A版」について

  日本産業衛生学会が、職場の新型コロナウイルス対策担当者を対象として、
  ウイルスの 特徴、職場で感染者が出た際の対応、職場での対策等の情報をまとめています。

   (日本産業衛生学会ホームページ)
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼緊急事態宣言を受けた都道府県労働局、労働基準監督署の対応について(厚生労働省)

  ~相談、届出・申請などは「電話」、「電子申請」・「郵送」をご活用ください~
  新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が4月7日に発令されました。
  都道府県労働局、労働基準監督署は原則として開庁しますが、電話による労働相談、
  電子申請・郵送での各種届出・申請、インターネットを通じた情報収集が可能です。
  外出自粛の要請を踏まえ、感染拡大防止の観点から、積極的な活用をお願いします。

   (厚生労働省ホームページ)
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼2020年4月1日から受動喫煙防止対策が義務化されました!(茨城県保健福祉部)(再掲)

  解りやすいリーフレットが作成されました。

   (当センターホームページ)
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼職場におけるハラスメント関係指針が示されました(厚生労働省)(再掲)

  パワーハラスメント防止のための指針(事業主が職場におけるる優越的な関係を
  背景とした言動に起因する問題に関して雇用管理上講ず べき措置等についての指針
  (令和2年1月15日厚生労働省告示第5号))が示されました。

  また、セクシャルハラスメントに関するハラスメント防止のための指針(事業主が
  職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針)や
  妊娠、出産等に関するハラスメント防止のための指針(事業主が職場における妊娠、出産等に
  関する言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針)についても
  併せて改正されましたので、併せて対応をお願いいたします。

   (当センターホームページ)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を
      改正する法律の施行期日について(厚生労働省)(再掲)

  女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する
  法律の施行期日を定める政令が交付されました。
  これによりパワハラ防止措置等(労働施策総合推進法)の施行期日は
  令和2年6月1日となり、中小企業については令和4年3月31日まで努力義務となります。

   (当センターホームページ)
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る
   入力支援サービスの運用を開始しました(厚生労働省)(再掲)

  厚生労働省は「労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス」の
  運用を開始しました。このサービスで作成した帳票は、所轄の労働基準監督署に
  提出出来ますのでぜひご利用下さい。
  サービスの利用方法等、詳細は下記をご確認頂きますようお願いします。

   (当センターホームページ)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼ギャンブル等 依存症の相談窓口に関するお知らせ(厚生労働省)(再掲)

  アルコールや薬物、ギャンブルなどを“一度始めると自分の意思ではやめられない”、
  “毎回、やめようと思っているのに、気が付けばやり続けてしまう”
  それは「依存症」という「病気」かもしれません。
  「(家族や知人が)依存症かもしれない」そう思ったら、1人で抱えこまず、
  また1人で解決しようとせずに、まずは、お近くの「保健所」や「精神保健福祉センター」に御相談ください。

   (当センターホームページ)  

 
  今月号から執筆者が新しくなっています。(副所長大久保です。)
  タイトルは「水戸南町3丁目だより」とさせていただきます。

  さて、今誰と話をしても「新型コロナ感染症」に関連するものとなってしまいます。
  当センターでは、当初設定したセミナー、研修会のキャンセル作業(現時点では5月末まで)
  とともに新型コロナ感染症終息も考えて新たなセミナー、研修会のセッティングを
  行うなどまったく違った作業を同時に行っています。

  それと併せて開催時の感染症予防対策のため、マスク、アルコール消毒液の調達など
  課題が山積みですが、もろに影響を受けた企業、店舗などでの悲惨な状況を
  お聞きするたびに文句は言っていられないと気を引き締めております。
  あまり会話力のない私としては、初めて会った人とかならず共通する話題があるので、
  会話に困ることが無くなったことは唯一良かった点だと思うのですが、少しでも状況が
  好転するよう願っていることは皆さまと同じです。

  ※誠に勝手ながら「コラム 水戸南町3丁目に至る道のり(当センター事務員より)」は、
  当面の間、休止させていただきます。

  ▼茨城産業保健総合支援センターでは産業保健に関する相談を常時受け付けています。

  茨城産業保健総合支援センターでは、皆様の抱える産業保健に関する様々な問題・疑問について、
  お電話やEメール等の様々な方法でご相談に応じ、解決法を助言します。
  (来所による面談・ご相談も行っておりますが、新型コロナ感染症拡大防止のため、
  できるだけ電話・メールでのご利用をお願いします。)
   (当センターホームページ)  

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼来所による相談(面談)の受付について【新型コロナ感染症拡大防止】

  茨城産業保健総合支援センターにおいて、事前予約制により実施している
  次の相談(面談)につきましては、新型コロナ感染症拡大防止のため、
  当面の期間、新規受付分より実施方法を電話やEメール等での
  対応に切り替えさせていただきます。

  日時、手順等については受付後に調整させていただきますので
  ご理解いただきますようお願いします。
  (申し込みは、当センターのメールまたはFAXで受付します。)

  ・治療を受けながら働くためのなんでも相談(毎週水曜日13:00~16:00)
  ・精神科医による個別相談(毎月第4水曜日15:00~)
  ・産業保健スタッフのためのスーパービジョン(毎月第4木曜日14:00~16:00)
   (当センターホームページ)  

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ▼治療と仕事の両立支援の出張相談窓口でのご相談について【新型コロナ感染症拡大防止】

  県内の各医療機関等で実施しております次の出張相談窓口につきましては、
  新型コロナ感染症拡大防止のため、当面の期間、事前申込制とした上で実施方法を
  電話やEメール等での対応に切り替えさせていただきます。

  日時、手順等については受付後に調整させていただきますので
  ご理解いただきますようお願いします。
  (申し込みは、各相談窓口にてお電話で受付します。)

  ・筑波メディカルセンター病院 毎月第3火曜日 13:00~16:00
  ・ひたちなか総合病院 毎月第3木曜日 13:00~16:00
  ・水戸赤十字病院 毎月第2木曜日 13:30~16:30
  ・国立病院機構 茨城東病院 毎月第4水曜日 11:00~14:00
  ・茨城県難病相談支援センター 予約制により随時実施
   (当センターホームページ)   

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ▼今後のセミナー、講習会等の実施予定は、当センターホームページにてご確認ください。
 
 ▲コチラのバナーをクリックでご確認いただけます! 

★―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  次回のメールマガジン(第176号)は、2020年6月上旬に配信予定です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 ▼皆様から情報をお寄せください。
 記載した内容についてのご意見もお待ちしております。
 今後も皆様方のお役に立つ、メールマガジンを作成していきたいと思いますので、
 ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 バックナンバーは、↓こちらでご覧戴けます。
 http://www.ibarakis.johas.go.jp/outline/magazine.html#bn_mag
 また、メールアドレスの変更、配信停止は、↓こちらをご利用ください。
 https://ibarakis.johas.go.jp/info_document/mailmagazine

**************************************************************
(独)労働者健康安全機構 茨城産業保健総合支援センター
〒310-0021 水戸市南町3-4-10  水戸FFセンタービル8F
TEL 029-300-1221 FAX 029-227-1335
**************************************************************