≪3/2(火)・3/3(水)≫ 改正特化則等(令和3年4月施行)の概要説明【WEBセミナー】を開催します。

 金属アーク溶接で発生する「溶接ヒューム」及び「塩基性酸化マンガン」について、労働者に神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあることが明らかになったことから、労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則(特化則)等が改正され、新たに特定化学物質(管理第2類物質)として位置付けられることになりました。(一部を除いて令和3年4月1日から施行・適用)

 特殊健康診断の実施や作業主任者の選任が求められるなど屋外・屋内を問わず「アーク溶接」を行うすべての事業場が何らかの対応を迫られることになります。

 改正特化則等の内容についてはこちら(厚生労働省ホームページ ※令和2年2月8日 リンク先を変更しました。

 日 時:

(1回目)令和3年3月2日(火) 14:00~15:30 (13:30からログイン可能)

(2回目)令和3年3月3日(水) 14:00~15:30 (13:30からログイン可能)

       ※説明時間は60分程度の予定です。(退出はいつでも可能)

(注意)1回目、2回目の内容は同じです。どちらか都合の良い日時を1つ選んでください。

令和2年11月26日(木)(場所:トラック総合会館)で開催した【改正特化則等(令和3年4月施行)の概要・衛生委員会活性化セミナー】での説明内容と同じものとなります。

 講 師:番博道(産業保健相談員、元住友金属テクノロジー(株)環境技術部長)

※WEB形式のセミナーでは、Cisco社 Webex Events を使用します。(初回利用時のみ、ブラウザのセットアップが行われますが、いずれも無料です。)

 職場、ご自宅のパソコン、スマホで簡単に視聴できますので、申込みフォームからお気軽にお申込みください。

申込み者に対して事前にメールにて招待用のURLをお送りします。
セミナー開始前にそのURLをクリックし、名前(所属先)、メールアドレスなどを入力してからログイン
してください。

 

お申し込みはこちらから   ※申込み締め切りは2/25(木)まで