11月19日(金) 化学物質による職業がんの防止対策の事例検討

※下記セミナーは定員に達したため締め切りました。

開催日時:11月19日(金) 18:30~20:30
開催場所:ワークヒル土浦 2階会議室 (土浦市木田余東台4丁目1-1)
(生涯・実地1更新1)2単位申請中

【主な対象者】産業医、産業看護職、人事労務担当者、衛生管理者等、事業主等

テーマ:化学物質による職業がんの防止対策の事例検討

講師 :片倉 薫 (労働衛生コンサルタント、薬剤師、労働安全コンサルタント、元製薬会社勤務、衛生管理者)

概要 : 感染症のパンデミックからなかなか抜け出せない現状では、職場や家庭においては、除菌・滅菌剤等に化学物質を使う場面が増えています。同じ薬剤でも職場で使用する場合は、その使用量や種類の多さ等から様々な法規制を受けることになります。
 このように化学物質は、便利で有用なものですが、その一方で使用方法を誤ればると、思わぬ被害を受けることになります。
 特に、前半は、過去に発生した1,2-ジクロロプロパンによる胆管がんやオルトトルイジンによる膀胱がんによる労働災害発生事例を中心に、働く人を守る法律である労働安全衛生法関連の特化則や有機則等の最近の改正内容を含めて具体的に説明します。後半は、実務的な化学物質取扱い事例を取り上げ、対応方法について検討・発表していただきます。
 実習は、化学物質の取扱い事例について検討、発表していただく予定です。

定員 : 20 名

お申し込みはこちらから 

※定員に達したセミナーでのキャンセル待ちについてはこちらをご覧ください。