≪1/20(金)≫ 心が柔軟な支援者となるために~自分の根っこを豊かに張る~【WEBセミナー】を開催します。

 産業保健スタッフは、職務として目の前の方を支えている時にも、当然ながら自分自身の生活をしています。
 そして、産業保健スタッフは、人生の困難に出会った時に、支える側でありながら、自分自身の弱さに気づくこともあります。
 一般的には、「支援者とは、いつの時も頼れる人である」というモデル像は定着していますが、「弱くても、大丈夫である」ということを、永原講師と鈴木講師の2名とが対談形式で視聴者へ語り掛けます。
 二人が、「過去」の経験を通して、支援者である皆さまへヒントとなるようなお話を、お届けいたします。
 ついては、茨城産業保健総合支援センター主催のセミナーを開催いたしますので、皆さまぜひ御参加ください。なお、視聴は、産業保健スタッフ以外の方も可能ですが、産業保健スタッフ向けの内容となっておりますので、その点を踏まえて御視聴ください。


     日 時:令和5年1月20日(金) 15:00~16:00

                  (14:00からログイン可能)

      講 師:永原 伸彦(産業保健相談員、公財茨城カウンセリングセンター副理事長)
      鈴木 弘美(産業保健相談員、産業カウンセラー、公認心理師)

  定 員:先着40名

 (注意)日本医師会産業医認定研修の単位取得はできません。

※WEB形式のセミナーでは、Zoom ウェビナー(無料)を使用します。

 申込者へは、招待用のURLを事前にメールで送付いたします。当センターからのメール(@ibarakis.johas.
go.jp)が受け取れるよう、受信設定をご確認ください。
 御招待メールがセミナーの2日前までに届かない場合には、必ず電話・FAXでお問い合わせください。

 

お申込みはコチラ ※1月17日(火)お昼12時頃締切

※上記申込み日の締め切り日以降に参加を御希望の方は、
 当センターまでメールかお電話にて
御連絡をお願いたします。


<メールマガジン会員の募集について>

 茨城産業保健総合支援センターが開催する最新のセミナーの情報等をいち早く入手されたい場合には、下記のURLにアクセスし、「メールマガジン」の画面に氏名等を登録していただきますと、約10日後から「メールマガジン(いばらき産保ニュース)」が不定期でお手元に届くことになります。
メールマガジンの登録はコチラから メールマガジンの登録はコチラから