11月2日(金) 職場における自殺予防~Prevention, Intervention and Postvention~

開催日時:11月2日(金) 18:00-20:00
開催場所:水戸FFセンタービル 11階会議室(水戸市南町3-4-10)
(生涯・実地)2単位

【主な対象者】産業医、産業看護職、人事労務担当者、衛生管理者事業主等

テーマ :  職場における自殺予防~Prevention, Intervention and Postvention~

講師 :  笹原信一朗先生(産業保健相談員、筑波大学医学医療系産業精神医学・宇宙医学グループ准教授)友常祐介先生(産業保健相談員、コマツ茨城工場 健康管理室長 産業医 産業衛生専門医・指導医、労働衛生コンサルタント) 大井雄一先生(産業保健相談員、筑波大学医学医療系産業精神医学・宇宙医学グループ助教)

概要 : 職場における自殺予防には、3つの段階があります。まず自殺を発生させない一次予防であるPrevention。次に、「死にたい」など希死念慮が強く、自傷の恐れがある場合に早期発見・対応を目的とした二次予防であるIntervention。 そして、残念ではありますが、実際に自殺が起こった後に周囲のケアを中心に連鎖を防ぐための三次予防であるPostventionです。本セミナーでは、この3つの段階での対応について基礎を学び、その上で参加者のみなさんのニーズに応じてそれぞれの段階での具体的な体験を共有していくグループワークで各職場での応用を検討していきます。

定員 : 30 名

お申し込みはこちらから