北海道胆振東部地震で被災された方々のための専用電話相談窓口の設置について

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に対し心よりお見舞い申し上げます。

今般、独立行政法人労働者健康安全機構では北海道胆振東部地震で被災した地域の産業保健活動を支援するため、被災された事業者、労働者、その家族等からのメンタルヘルスに関する相談及び健康に関する相談に対応する専用電話相談窓口(フリーダイヤル)を下記のとおり開設することといたしました。(なお、このフリーダイヤルは本年7月の豪雨災害の専用電話相談窓口のものと同一の番号になります。)

  • 「北海道胆振東部地震被災者のための心の相談ダイヤル」(9月14日~)
    • フリーダイヤル 0120-202-518
      全国どこからでも、携帯電話やPHSからも無料で利用可能
    • 受付日時 平日(10時00分~17時00分/土日祝日を除く)
    • 対象者 被災された住民の方(事業者、労働者及びその家族等)
      相談例:人間関係の悩みなどでの強いストレスや不安について
  • 「北海道胆振東部地震被災者のための健康相談ダイヤル」(9月14日~)
    • フリーダイヤル 0120-401-281
      全国どこからでも、携帯電話やPHSからも無料で利用可能
    • 受付日時 月・水・金(13時00分~17時00分/祝日を除く)
    • 対象者 被災された住民の方(事業者、労働者及びその家族等)
      相談例:エコノミークラス症候群などの健康管理やノロウィルス感染対策などの健康不安について

詳しくはこちらをご覧ください(独立行政法人労働者健康安全機構ホームページ)