12月8日(土) 被ばく事故対応と被ばく医療

開催日時:12月8日(土) 14:00-16:00  
開催場所:中央ビル6階会議室  (水戸市泉町2丁目3番2号)
(生涯・専門)2単位・申請中

【主な対象者】産業医、産業看護職、衛生管理者、人事労務担当者、事業主等

テーマ:被ばく事故対応と被ばく医療

講師 : 立崎 英夫(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所被ばく医療センタ
   ーセンター長)        

概要
 放射線や放射性物質は、いろいろな場所で使われています。また、茨城県には原子力関連の施設も多く、これまでにも東海村の臨界事故や大洗町の内部被ばく事故がありました。
 この様な被ばく事故は、原子力関連施設だけでなくいろいろな場所で起こる可能性があります。被ばく事故には、外部被ばく、体表面汚染、そして内部被ばくの3種類があり、それぞれ診断の方法や対応や治療も異なっています。
 これらの対応について基本的知識を持てるように、放射線の健康影響、事故の種類、被ばくした作業員や放射性物質で汚染した作業員の医療対応の概略を説明します。

定員 : 30 名

お申し込みはこちらから