筑波大学エクステンションプログラム「職場の発達障害への具体的対応」開催のお知らせ

平成30年4月1日から、障害者雇用義務の対象として精神障害者が加わり、法定雇用率が引き上げられました。ダイバーシティの真の実現のためには、精神障害者、中でも発達障害の職員が能力を発揮し活躍できることが重要です。しかし、発達障害の職員のやる気を引き出す職場環境を実現できている職場は少ないのが現状です。そこで、本講座では最先端の研究に裏付けられた実効性のある具体的対応をご紹介いたします。働き方改革の実効的展開を推進する講座です。

講  師 筑波大学 教授 松崎 一葉

     筑波大学 教授 斉藤 環

     筑波大学 助教 大井 雄一

開催日程 平成31年2月1日(金)13:00-18:00

開催場所 フクラシア東京ステーション会議室H

受講人数 100名(最少開講人数50名) 先着順受付

受講費用 50,000円

受付期間 2019年1月15日(火)まで

詳細・お申込みはコチラ