いばらき産保ニュース 第80号

発行日:2012/4/27
ホームページ:https://ibarakis.johas.go.jp/
お問い合わせメールフォーム:https://ibarakis.johas.go.jp/inquiry
発  行:独立行政法人 労働者健康福祉機構
茨城産業保健推進センター 所長 小松 満

このメールマガジンは、当センターをご利用いただいた方または購読をご希望の方に、最新情報や資料をお届けするものです。
お気に召さない場合は下記フォームより配信停止、登録内容変更いただけます。
配信停止・登録内容の変更はこちらから↓
https://ibarakis.johas.go.jp/info_document/mailmagazine 


【新着情報】
【これから受講できるセミナー案内(無料)】
【関連団体の実施するセミナーのご案内】
【センターからのお知らせ(お役立ち情報等)】
【メンタルヘルス対策支援センターの利用案内】
【コラム:水戸南町だより】

新着情報

受動喫煙防止の義務化見送りへ

先の臨時国会で継続審議となっていた、職場での受動喫煙を防止するため、 事業者に全面禁煙か喫煙室の設置による「空間分煙」を義務付けることを柱とする労働安全衛生法の改正案について、 民主党は4月23日、義務化を見送る方向で検討を始めました。義務規定を外し議員修正で努力規定にとどめる考えです。

石綿による疾病の労災認定に新基準

厚生労働省の「石綿による疾病の認定基準に関する検討会」は、 石綿による疾病の労災認定に関する新たな基準を盛り込んだ報告書をまとめました。 その結果「肺がん」について、現行の基準に加え、3つの新たな認定要件として示しました。
詳しくは↓
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000235cj.html

平成24年度茨城労働局労働行政運営方針が示されました。(労働衛生関係抜粋)
  • メンタルヘルス対策及び過重労働による健康障害防止対策等
    1. メンタルヘルス対策(メンタルヘルス対策支援センターの活用等)
    2. 過重労働による健康障害防止対策(定期健康診断の有所見率の改善に向けた取組等)
  • 職業性疾病対策
    1. 石綿健康障害予防対策(石綿の製造等の全面禁止の徹底等)
    2. 原子力発電所等原子力施設における放射線被ばくの防止対策等
    3. じん肺予防対策(アーク溶接作業等)
    4. 熱中症予防対策(建設業等の暑熱な環境で作業を行う事業者に対する周知、指導等)
  • 職場における受動喫煙防止対策(改正労働安全衛生法の周知等)
  • 自主的な安全衛生活動の促進(リスクアセスメントの実施促進等)
茨城県内の労働災害発生状況(平成23年確定値)
  • 休業4日以上 2,988件(対前年比 302件増)内死亡災害 32件(対前年比1件減)
    特に、建設業、運輸交通業、商業及び社会福祉施設が増加しています。
  • 一般定期健康診断の有所見率 54.5%(対前年比0.1%増)
    全国平均より、1.8%増加しています。
  • 業務上疾病(休業4日以上) 196件(対前年比18件増)内死亡災害0件(対前年比4件減)
    特に、負傷に起因する疾病(腰痛)は、88件で、対前年比 17件の増加となっています。
いばらき元気ウォークの日

 茨城県では、健康いばらき21プランに基づく健康づくり推進の一環として、毎月第一日曜日を「いばらき元気ウォークの日」に 制定しました。歩いて新たな発見と健康増進にチャレンジしてみましょう。
詳しくは ↓
茨城県保健福祉部保健予防課健康づくりグループ(電話:029-301-3229)

東日本大震災にかかる対応について

東日本大震災で被災されました皆様方に心よりお見舞い申し上げますと共に、 被災者からのメンタルヘルスに関する電話相談のフリーダイヤル(全国共通)を 開設していますので、是非ご活用してください。下記の電話番号でご相談に応じています。
※健康(放射線も含む)に関する電話相談での対応は、本年4月1日をもって終了いたしました。

<メンタルヘルスに関する電話相談>

  • 電話:0120-226-272
    相談時間 9:00~12:00、13:00~17:00(土曜、日曜、祝日を除く。)

当センターでも、産業医等の産業保健関係者はもとより、事業者、労働者及びその家族等 被災地域における住民も対象にした健康相談(放射線、メンタルヘルスを含む。)に応じています。 また、ホームページ、メールマガジン等で震災等に係る産業保健に関する情報の提供を行っています。

<相談窓口>

◇メンタルヘルスに関する相談

産業保健関係者、事業者、労働者及びそのご家族の方々からのご相談に応じます。 カウンセラー等の専門家が相談に応じます。

  • 対応日時:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(祝祭日は除く)
    電話:029-300-6030
    ファックス:029-300-6031
    メール:こちらをご利用下さい
    ※メール、ファックスによる相談は24時間受付しています。

◇健康相談(メンタルヘルス以外)

メンタルヘルス以外の健康相談、放射線の健康への影響等のご相談に応じます。
放射線の専門医等が相談に応じます。

  • 対応日時:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(祝祭日は除く)
    電話:029-300-1221
    ファックス:029-227-1335
    メール:こちらをご利用下さい
    ※メール、ファックスによる相談は24時間受付しています。

<放射線の専門医より一言>

東日本大震災に伴う福島第一原発事故を契機に、放射線/放射能について国民の関心が深まりました。深まったこと自体は良いことですが、深まったのは放射線の害についてであって、恩恵については関心が殆ど払われていないように思います。 放射線は平和利用に大いに活用されています。医療においては特にそうで、今や放射線抜きの医療は考えられません。放射線に関する健康への影響についてご相談に応じていますので、メール等でお寄せください。

これから受講できるセミナー「2012年」

※産業保健セミナーを受講される皆様へ
最近、産業保健セミナーの開始時間に遅刻する受講者が見受けられ、他の受講者の妨げとなっています。つきましては、 以下の事項を守っていただくようお願いします。

  1. 受講者は、産業保健セミナーが開始される5分前には、席に付いていただくようお願いします。
  2. 日本医師会認定産業医制度産業医学研修会の単位並びに日本産業衛生学会産業看護職継続教育単位が認められた 産業保健セミナーについては、開始時間に遅れた場合、会場に入れないことがありますので、特に注意してください。

※先着順になりますので、お早めにお申込みください。
※有料駐車場については参加者のご負担となりますので、ご了承ください。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
※ 受講のお申込みは、当センターのホームページ、FAX、メール等でお申込みください。

<平成24年5月分>

  • 5月10日(木)午後2時~午後4時
    住友生命水戸ビル11階会議室 12名
    カウンセリング講座(前期)「聴くことの力を育てる」第1回「聴いてもらうことで、<ことば>は生まれる」
    講師:永原 伸彦先生(産業保健相談員、(財)茨城カウンセリングセンター理事長)
    ※受付は終了しました。
  • 5月11日(金)午後3時30分~午後5時
    東京医科大学茨城医療センター内医療福祉研究センター2階 15名
    「メンタルヘルス勉強会」(上級編)~第2回
    講師:市来 真彦先生並びに小野 真吾先生(東京医科大学茨城医療センターメンタルヘルス科准教授、同講師)
    ※受付は終了しました。
  • 5月15日(火)午後2時~午後4時 
    鹿嶋勤労文化会館研修室1 30名
    「騒音測定のコツと防音のための測定・評価と対策について」
    講師:番 博道先生(産業保健相談員、元住友金属テクノロジー(株)環境技術部長)
    ※日医認定(生涯・実地)2単位
  • 5月17日(木)午後6時~午後8時
    しもだて地域交流センター(アルテリオ)会議室A 30名
    「職場が全面禁煙に」~禁煙支援のコツ~
    講師:平間 敬文先生(平間病院理事長兼院長、茨城県医師会理事)
    ※日医認定(生涯・専門)2単位
    ※産業看護職実力アップ Ⅳ-4-(8)、1単位
  • 5月18日(金)午後3時~午後5時
    住友生命水戸ビル11階会議室 30名
    ※都合により、5月14日(月)から日程が変更されました。
    「セクハラ・パワハラは何故起きるのか」~予防と対策~
    講師:皆川 雅彦先生(特定社会保険労務士、セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタント)
    ※日医認定(生涯・専門)2単位
    ※産業看護職実力アップ Ⅱ-2-(3)、1単位
    ※講師は、財団法人21世紀職業財団のセクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタントの認定を受けています。
  • 5月23日(水)午後6時~午後8時
    住友生命水戸ビル11階会議室 30名
    「放射線と健康維持」
    講師:大原 潔先生(産業保健相談員、総合病院土浦協同病院副院長兼地域がんセンター長兼放射線科部長)
    ※日医認定(生涯・専門)2単位
    ※産業看護職実力アップ Ⅲ-1-(4)、1単位
  • 5月25日(金)午後6時~午後8時
    住友生命水戸ビル11階会議室 30名
    「平成24年度の労働衛生行政の重点事項について」
    講師:橋本 篤弘先生(茨城労働局労働基準部健康安全課長)
    ※日医認定(生涯・更新)2単位
    ※産業看護職実力アップ Ⅲ-7-(1)、1単位

<平成24年6月分>

  • 6月1日(金)午後3時30分~午後5時
    東京医科大学茨城医療センター内医療福祉研究センター2階 15名
    「メンタルヘルス勉強会」(上級編)~第3回
    講師:市来 真彦先生並びに小野 真吾先生(東京医科大学茨城医療センターメンタルヘルス科准教授、同講師)
    ※受付は終了しました。
  • 6月4日(月)午後2時40分~午後4時
    住友生命水戸ビル11階会議室 10名
    「メンタルヘルス・ケースカンファレンス」
    講師:山村 邦男先生(産業保健相談員、山村医院院長)
    ※受講者の声として、精神科医と直接・じっくりお話しができ、社内だけでは解決が見いだせなかった問題の糸口が見つかった。 などの声をいただいています。
  • 6月5日(火)午後3時~午後5時
    住友生命水戸ビル11階会議室 30名
    「自前で行うメンタルヘルス研修」
    講師:河島 美枝子先生(産業保健相談員、元大分県立看護科学大学精神看護学教授)
    ※産業看護職実力アップ申請中
  • 6月8日(金)午後6時30分~午後8時30分
    ワークヒル土浦研修室2 30名
    「熱中症とその対策」
    講師:岩崎 芳明先生(産業保健相談員、(株)三菱化学アナリテック分析事業部環境分析センター長)
    ※日医認定(生涯・実地)2単位申請中
    ※産業看護職実力アップ申請中
  • 6月14日(木)午後2時~午後4時
    住友生命水戸ビル11階会議室 12名
    カウンセリング講座(前期)「聴くことの力を育てる」第2回「聴いてもらうことで、<本心>にたどりつける」
    講師:永原 伸彦先生(産業保健相談員、(財)茨城カウンセリングセンター理事長)
    ※受付は終了しました。
  • 6月19日(火)午後2時~午後4時
    ワークヒル土浦研修室2 30名
    「作業時における酸素欠乏症の防止」
    講師:番 博道先生(産業保健相談員、元住友金属テクノロジー(株)環境技術部長)
    ※日医認定(生涯・専門)2単位申請中
    ※産業看護職実力アップ申請中
  • 6月21日(木)午後6時~午後8時
    茨城県県南生涯学習センター小講座室1 30名
    「口腔疾患とメンタルヘルス対策」
    講師:戒田 敏之先生(かいだ歯科医院院長、労働衛生コンサルタント)
    ※日医認定(生涯・専門)2単位申請中
    ※産業看護職実力アップ申請中

<平成24年7月分>

  • 7月6日(金)午後3時30分~午後5時
    東京医科大学茨城医療センター内医療福祉研究センター2階 15名
    「メンタルヘルス勉強会」(上級編)~第4回
    講師:市来 真彦先生並びに小野 真吾先生 (東京医科大学茨城医療センターメンタルヘルス科准教授、同講師)
    ※受付は終了しました。
  • 7月9日(月)午後3時~午後5時
    住友生命水戸ビル11階会議室 30名
    「労働安全衛生マネジメントシステムの構築・実践について」
    講師:甲斐 洋先生 (甲斐安全コンサルタント事務所長、元原子燃料工業(株)安全管理室長)
    ※日医認定(生涯・専門)2単位申請中
    ※産業看護職実力アップ申請中
  • 7月11日(水)午後3時~午後5時
    住友生命水戸ビル11階会議室 30名
    「職場で取組むストレス対策」
    講師:小川 邦治先生((株)日立製作所日立健康管理センタカウンセラー・臨床心理士)
    ※日医認定(生涯・専門)2単位申請中
    ※産業看護職実力アップ申請中
  • 7月12日(木)午後2時~午後4時
    住友生命水戸ビル11階会議室 12名
    カウンセリング講座(前期)「聴くことの力を育てる」第3回「聴いてもらうことで、<聴く力>が育つ」
    講師:永原 伸彦先生(産業保健相談員、(財)茨城カウンセリングセンター理事長)
    ※受付は終了しました。
  • 7月19日(木)午後6時~午後8時
    住友生命水戸ビル11階会議室 30名
    「労災補償制度について」
    講師:飯塚 克己先生 ((社)茨城県トラック協会広報指導部長、元茨城労働局総務部労働保険徴収室長)
    ※日医認定(生涯・更新)2単位申請中
    ※産業看護職実力アップ申請中
  • 7月25日(水)午後6時30分~午後8時30分
    ワークヒル土浦研修室2 30名
    「職場での化学物質管理の進め方」
    講師:武田 繁夫先生(産業保健相談員、三菱化学(株)人事部健康支援センター)
    ※日医認定(生涯・専門)2単位申請中
  • 7月26日(木)午後6時~午後8時
    (株)伊勢甚本社中央ビル8階B室 30名
    「写真で見る職場巡視セミナー」
    講師:中谷 敦先生((株)日立製作所水戸健康管理センタ主任医長、産業医)
    ※日医認定(生涯・実地)2単位申請中

 

セミナーについての詳細はこちらをご覧下さい。↓
https://ibarakis.johas.go.jp/archives/category/seminar/s_sanpo

<セミナー会場案内>

【注意】
「日医認定」とあるのは、日本医師会認定産業医制度の単位認定研修です。
平成22年4月からは当推進センターでは「生涯研修」のみの実施となりましたのでご注意ください。
「実力アップ」とあるのは、日本産業衛生学会産業看護職継続教育実力アップコース認定です。
申請中、又は申請予定も含みます。また、「予定」とあるのは、変更されることがあります。

関連団体の実施するセミナーの利用案内

<平成24年度産業医学専門講習会(大阪会場)のご案内>

(財)産業医学振興財団では、日本医師会の認定産業医等産業医要件を充足されている医師等を対象として、 5年間で認定産業医の資格更新に必要な生涯研修20単位が取得可能な講習会(大阪大会)を以下により開催いたします。

  1. 日程  平成24年7月14日(土)~16日(月・祝)の3日間
  2. 会場  大阪市立大学医学部(大阪府大阪市阿倍野区旭町1-4-3)
    ※駐車場の用意はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
  3. 受講料 35,000円(テキスト代を含む)
  4. 対象者 日本医師会認定産業医等
  5. 定員 240名
    ※更新期限が迫っている方を優先(下記7の受付期間内での申込みに限る)させていただきます。
  6. 取得単位 生涯研修20単位(更新2.5単位・実地4.5単位・専門13単位)申請中
    注意事項:基礎研修の単位は取得できません。
  7. 申込受付期間 平成24年4月12日(木)~6月4日(月)まで
    申込方法等詳しくは↓
    http://www.zsisz.or.jp
<(社)日本産業カウンセラー協会第42回全国研究会のご案内>

(社)日本産業カウンセラー協会では、毎年、産業カウンセラーが一堂に会して全国研究大会を開催しています。 本年は、「もう一度、この国に働く喜びを」のテーマで、千葉県文化会館(シンポジウムA)及び京葉銀行文化プラザ (シンポジウムB及びC)で開催します。

  1. 会期  平成24年5月26日(土)・27日(日)の2日間
  2. 会場  千葉県文化会館(シンポジウムA)
    ※千葉県千葉市中央区市場町11-2
    京葉銀行文化プラザ(交流会、シンポジウムB及びC)
    ※千葉県千葉市中央区富士見1-3-2
  3. 参加対象者 (社)日本産業カウンセラー協会会員、企業経営者・管理者、 人事・労務・総務・教育・安全衛生担当者、行政・NPO・教育関係者、大会テーマ・プログラムに関心のある方
  4. 参加申込期限 平成24年5月7日(月)午後10時まで
    申込方法等詳しくは↓
    第42回全国研究会実行委員会事務局(電話04-7168-7160)
<第85回日本産業衛生学会のご案内>

愛知県名古屋市において、「希望!に満ちた労働と生活をサポートするために」をテーマとする 第85回日本産業衛生学会が以下のとおり開催されます。

  1. 会期 平成24年5月30日(水)~6月2日(土)
  2. 会場 名古屋国際会議場
    ※愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1

申込方法等詳しくは↓
運営事務局(電話052-950-3369)

センターからのお知らせ(お役立ち情報等)

肥満予防の基礎知識(食生活編)!!

 今回は、無理のない食事療法にチャレンジです。なお、次回(第81号)は肥満予防の基礎知識(運動編)と させていただきます。
 極端な減量食は長続きせず、かえって体に害を及ぼすこともあります。 1日1,500kcal位を目安に毎日の食事療法を考えましょう。 1日3食として、1食平均を約500kcalと覚えてください。高エネルギー食品に注意しながら、 腹八分目をこころがけ上手に摂取エネルギーを減らしていくことが大切です。
<メニュー別100kcalの目安>
・ごはん(60g)軽く1/2杯、・ハンバーグ(46g)1/2個、・ミックスピザ(40g)3/5枚、・バナナ(116g)2/3本、・カップめん(乾燥)(20g)1/3杯、・牛乳(150cc)3/4杯・ポテトチップ(18g)10枚、・コロッケ(40g)2/5個、・野菜サラダ(60g)2/3パック、・食パン(38g)8枚切2/3枚、・から揚げ(90g)小2個、・マヨネーズ(12g)大さじ1強
肥満の大敵は、エネルギーの取り過ぎです。ただし、食事の量を減らすために同じ食品だけ偏って食べていては 栄養バランスを崩します。以下の「6つの基礎食品群」(以下「食品群」という。)を参考にして、 毎日の食事に食品群から少なくとも1~2品を取入れてバラエティに富んだ献立づくりを目指しましょう。
1群:たんぱく質(魚・肉・卵・大豆等)
2群:カルシウム(牛乳・乳製品・海藻・小魚等)
3群:ビタミンA・カロチン(緑黄色野菜等)、
4群:ビタミンC・ミネラル(淡色野菜・果物等)、
5群:糖質(米・パン・めん類・いも類等)、
6群:脂質(油脂類等)

産業保健の「相談」お待ちしています!!

当センターでは産業保健に関するあらゆるご相談に応じています。電話、FAX、メールでも結構です。(※「メール」が便利です。)
費用は「無料」ですので、お気軽にご相談ください。
また、「個人情報」は守られています。ご心配いりません。最近はメンタルヘルスに関する相談が大変増えてきました。
※相談フォームは↓
https://ibarakis.johas.go.jp/inquiry

情報誌「産業保健21」のご案内

 独立行政法人労働者健康福祉機構が編集・発行している「産業保健21」は、産業医、産業看護職及び衛生管理者の情報ニーズに応えた情報誌です。是非読んでください。
詳しくは↓
https://www.johas.go.jp/yobo/mental/tabid/128/Default.aspx

メンタルヘルス対策支援センターの利用案内

「メンタルヘルス対策支援センター」では、対面、電話、ファックス、メールによりメンタルヘルス 不調の予防から職場復帰までのメンタルヘルス全般についての相談、問い合わせに応じています。 メンタルヘルス対策促進員が事業場を訪問して制度の周知、助言を行っています。
平成22年度は管理者監督者の教育も実施いたします。 メンタルヘルス不調者の対応をどうしたらよいか、社内スタッフ・従業員への教育・研修をどうしたら良いか、 職場復帰支援プログラムはどのように作れば良いのかなど、メンタルヘルス全般についてのご相談に応じています。 
費用は無料です。

働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」のご案内

働く方、ご家族の方、事業者・上司・同僚の方、産業医等支援する方などが活用できるたくさんの情報が 閲覧できます。
 専門の相談機関、医療機関の名簿とか事例紹介など役立つ情報がたくさんあります。
※詳しくは↓
http://kokoro.mhlw.go.jp/

コラム水戸南町だより

▼冬が過ぎ春の陽気になってきましたが、皆様は如何お過ごしでしょうか。なんだか手紙を書いているようですが、 すぎ花粉が過ぎて、ひのき花粉が飛び交っており、花粉症の方は大変ですね。ある日突然襲いかかってくると言われていますが、 子供のころは雑木林の中を駆け回っていたのに。私も駆け回っていた1人で、現在の我が家の周りはすぎの木が多く、 風邪が吹けば桶屋は儲かりますが、すぎ花粉が飛びまわり車は黄色一色に染まってしまいます。 また、周りは畑なので、のどかなのですが、乾燥している日に風邪が吹くと今度は茶色に染まってしまいます。 洗濯物の取り込みは大変です。  話は変わりますが、ゴールデンウィークには何処か観光に行かれますか。 近場で過ごすのであれば、北茨城の六角堂、大子の袋田の滝、那珂湊のお魚市場、大洗の水族館などをお勧めします。 是非とも地元の観光地にいらしてください。

▼メールマガジンをご購読している皆様方へ
皆様から情報が寄せられれば、その情報を載せたいと思っています。情報を寄せていただくようお願します。また、記載した内容についての批判等も寄せていただければ幸いです。 今後も皆様方のお役に立つ、メールマガジンを作成していきたいと思いますので、ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


次回の第81号は、平成24年5月下旬配信予定です。
編集内容等に関するご意見・お問合せなどをお寄せください。
バックナンバーは、こちらをご覧ください。
また、新規登録・変更、配信停止は、こちらからお願いします。
産業保健に関するご相談などは、お問い合わせフォームからお願いします。