「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」のお知らせ

~関係団体などと連携した職場における熱中症予防対策を5月から実施
・平成28年の職場における熱中症による死傷災害の発生状況(速報値)を合わせて公表~

厚生労働省では、労働災害防止団体などとともに、職場における熱中症予防対策の一層の推進を図るため、平成29年4月を準備期間、5月から9月までを実施期間とする「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を新たに実施します。

職場における熱中症は、猛暑だった平成22年以降400人から500人で推移しており、減少傾向がみられません。
また、死亡者数は、多い年は30人を超えるなど、平成24年から28年までの5年間で80人を超えています。

職場における熱中症を予防するためには、単に個々の労働者に水分・塩分の摂取を呼びかけるだけではなく、事業場として、予防管理者の選任などの管理体制を確立することが必要です。
また、WBGT値(暑さ指数) ※1 を測定し、その結果に基づき、熱への順化 ※2 期間の確保、作業場所のWBGT値の低減、休憩時間の確保、熱中症の発症に影響を及ぼす疾病を有する労働者への配慮などの対策を確実に講じていくことも必要です。

厚生労働省では、今回のキャンペーンを通じ、これらの対策の徹底を図り、職場における熱中症による労働災害の大幅減少、特に死亡災害ゼロを目指します。
(※キャンペーンの内容については、こちらを参照ください)
※1 WBGT値とは、 気温に加え、湿度、風速、輻射(放射)熱を考慮した暑熱環境によるストレスの評価を行う暑さの指数。
※2 熱への順化とは、 夏などの暑い時期に、作業時間を数日以上かけて次第に長くし、体を熱に慣れさせること。
STOP!熱中症 クールワークキャンペーン 厚生労働省のサイトにリンクします。

茨城産業総合支援センターでは、熱中症対策に向けて”熱中症にレッドカード・守らないとイエローカード”を作成し、配付しています。詳しくはこちらをご覧ください