カウンセリング講座のご案内

講師 : 永原 伸彦 先生(カウンセリング 担当相談員)

平成31年(令和元年)度のカウンセリング講座は、前期で「『対話学』としてのカウンセリング入門」、後期では「『健康生成論』的カウンセリング入門」というテーマで開催します。

<前期>「『対話学』としてのカウンセリング入門」※開催済み

産業保健職や人事労務担当者はもとより、すべての人にとって「対話力」を向上させることは、
きわめて重要なことです。単なる「会話」ではなく、相互交流をベースとした対話力を身につけるための講座です。カウンセリングの立場から、「対話力」を豊かに育むための考え方や実践力について学んでまいりましょう。

  1. 2019年 5月9日(木):樋野興夫医師の「がん哲学外来」における「対話」の在り方。
               (なぜ、患者や家族が殺到したのか。)
  2. 2019年 6月13日(木):「当事者性」を重視した「セルフヘルプ・グループ」の
                「対話」の在り方。(なぜ、人々の「心の居場所」となったのか。)
  3. 2019年 7月11日(木):チャド・バラーによる「いのちの電話」の「対話」の在り方。
                (なぜ、「いのちの電話」は世界中に広がったのか。)

<後期>「『健康生成論』を基調にしたカウンセリング入門」

「健康生成論」(salutogenesis)とは、従来の医学の方法である、病気の原因となるリスクファクター(喫煙、飲酒、肥満など)を取り除くという考え方とは逆に、健康になるための要因であるサリュタリーファクター(適度な運動、良好な人間関係など)を解明し、それを強化しようとする立場です。今回は、この「健康生成論」的アプローチを意識した相談や支援の在り方を、カウンセリングの立場から実践的に学んでいくことにいたしましょう。

  1. 2019年 9月12日(木):ロジャーズやマズローなどの人間性心理学に学ぶ。
  2. 2019年10月10日(木):「ナラティブ・アプローチ」(物語療法)に学ぶ。
  3. 2019年11月 14日(木):「ファシリテーション技法」(促進技法)に学ぶ。
  • 時間はいずれも14:00-16:00、各回前半は講義形式、後半は質疑応答となった「分かち合い」方式です。
  • 定員は12名。
  • 都合により、内容に若干の変更が生じることがあります。
  • 新しい内容ですので、このカウンセリング講座受講経験のある方も、お申し込み可能です。
  • 定員を超えた場合は、抽選といたします。
  • 定員に満たない場合には、開催当日まで受付いたします。

なお、受講者は、各3回の講座を全て受講できる方を対象とします。
受付期間
前期:平成31年3月25日(月)~5月9日(木)開催済み・受付終了
後期:令和元年7月29日(月)~8月30日(金)

お申し込みはこちらから 

会場:水戸FFセンタービル 11階会議室(水戸市南町3-4-10)
【住友生命水戸ビルから名称が変更になっています。】
※都合によりプログラムの一部が変更されることがあります。予めご了承ください。